3/31up LDPよこはま放送局 第8回 いなみ俊之助横浜市会議員 寄稿

【子どもからお年寄りまで、誇れる街に】                    横浜市28年度予算が3/25成立しました。 一般会計予算が1兆5140億円と前年度対比1.3%、189億円増となります。 今回はこの一般会計の歳入、そして歳出について、掘り下げていきます。そしてまた、梶村充横浜市会議長をゲストにお迎えし、新市庁舎の果たす役割など、これからの横浜についてもお話しさせて頂きます。 行政も企業も家庭も財政を考える時、まず第一に歳入と歳出のバランスです。 財政家でもある二宮尊徳の『入るを量って出ずるを制す』という思想が最も大切であると思います。 横浜市の歳入である市税は、個人・法人市民税、固定資産税、軽自動税、たばこ税、都市計画税などです。 所得税、酒税、自動車取得税、相続税は国税、自動車税、ゴルフ場使用税、不動産取得税などは県税です。 また、経済の1/3が横浜港をはじめとしたミナト経済です。 では、横浜市の歳出はどのようになっているのかというと、少子高齢化社会、超高齢社会に向け、1/3が福祉・保健・医療に、また24%が子育て・教育に使われています。 私はヘルパー2級資格を有する身として、先の平成28年度予算案における予算特別委員会の場で行われた健康福祉局審査に立ち、強く要望した内容を最後にふれさせて頂きます。 横浜市には事務・技術・消防など毎年約800人の新人職員が入庁されます。 政令市での比較として人口10万人あたりの職員の数からすると、横浜市の職員数は決して多くはありません。 20政令市中、職員数が少ない方から6番目です。 新人研修は全体研修が概ね14日。 私は、配属後を含め新人職員の皆さんに介護職員初任者研修資格取得を研修の一環にして頂きたいと、強く要望致しました。 これは、2025年には横浜市内既存の病院のベッド数が7000不足することが予測される中、在宅医療のあり方、地域のあり方など少子超高齢社会に向け、国をはじめ様々な議論がなされています。 こうした背景の中で、介護事業における身体介護にかかわる全ての方々に義務付けられている資格が介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)で、講習時間は同じです。 130時間を有する講習であり、数か月を要しますが、この内容が私自身、多くの気付きの時間でした。 介護職員初任者研修資格を新人職員が取得する事で、横浜市が打ち出す施策に反映して頂きたいのです。 と、そのような私の思いを307分という放送時間に凝縮してお届けさせていただきます。 またかじむら充横浜市会議長をお迎えして、横浜市の事業等についても議論させていただきたいと思います。 4月4日月曜日、ユーチューブライブにて18時から生放送。 よこはま自民党HPからもご覧いただけます。 どうぞよろしくお願いいたします。
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

3/18up 緊急告知!3/22生放送【特別放送】LDPよこはま放送局「平成28年度横浜市予算について」

3月22日(火)18:00~ユーチューブライブで生放送、LDPよこはま放送局特別­放送。3月7日放送予定だった内容をそのままにメインキャスターを都筑区選出長谷川たくま横浜市会議員、ゲストに自民党横浜市会議員団 松本研団長をお迎えして、テーマは「平成28年度横浜市予算について」を特別番組としてお送りします。 よこはま自民党HPトップページもしくは下記URLより是非生放送でご覧ください。 https://youtu.be/pBSjDdNaWCw
カテゴリー: 広報委員会, 未分類 | コメントは受け付けていません。

3/4up LDPよこはま放送局 第7回 長谷川たくま横浜市会議員 寄稿

「横浜市 平成28年度予算について」 現在、横浜市会では平成28年度予算案を審議しています。私は多岐に渡る予算の中でも、特に地域包括ケア計画と商店街販売促進支援事業に注目しています。 日本人の平均寿命は、女性が86.61歳、男性が80.21歳で、ともに世界一の長寿国ですが、年齢とともに病気がちになる人も増え、70歳以上では3人に2人が病院通いをしています。介護が必要になる人も85歳を過ぎると要介護と虚弱を含め44%に達しています。しかも日本の総人口は平成17年の1億2768万人をピークに減少を始め、100年後には半分になると予想されています。しかも65歳以上は人口の3割近くと、人口の減少と高齢化が100年続くのがこれからの日本です。 横浜も例外ではありません。横浜市の人口は、2020年に約374万人のピークを迎えますが、団塊の世代が75歳以上となる2025年には減少に転じると見込まれています。65歳以上の総人口における高齢者割合も2025年には26.1%と、年々上昇することが予想されています。 お年寄りが1人、または老老介護などなど、家庭内だけでは支え続けることができない。これが家庭問題、そして社会問題となる背景です。この流れを食い止めようと計画されたのが「地域包括ケアシステム」です。 まだまだ聞きなれない「地域包括ケア」とは何なのか? そして地域包括ケアの要である、地域そのものに元気を取り戻すための「商店街販売促進支援事業」とは何なのか? 今回は横浜市平成28年度予算の中でも、地域包括ケアシステムと商店街販売促進支援事業を軸に、横浜市の方向性を紐解きたいと考えています。 自民党横浜市会議員団 松本研団長をゲストに迎え、3月7日 月曜日 午後5時30分より放送予定です。どうぞお楽しみに! よこはま自民党HPトップページでもご覧いただけます。
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

2/2up LDPよこはま放送局 第6回 田中しんじ神奈川県議会議員 寄稿

「神奈川県の観光の現状と展望 ~湯けむり箱根編~」 横浜市選出の県議会議員の担当回ということで、横浜市から少し目を「広域」に広げていただき、横浜だけじゃない神奈川県を感じていただきたいと思います。 今回は「箱根」をスポットとしてお題目に上げ、県議各々の切り口で神奈川県箱根の観光を語って行きます。 21世紀の地域経済は今までのような「オラが村だけが良ければええ!」という、狭い地域だけの経済感覚では残念ながら生き残れないと言われています。 交通、情報など数年前から比べるだけでも進化して、人が生涯に移動・移住する長距離化、商売の範囲の広域化、日帰りで国内は出張可能など「広域の感覚無くして、地方の政治の発展無し」とも言える時代に突入しています。 横浜だけでなく近隣の地域連携によりその魅力を十二分に発揮する広域体制の確立は急務です。 観光部門であればこの広域感覚は解りやすく、例えば国際都市 横浜に海外国内から宿泊をして、今までは横浜周辺だけだったものを、広域連携により横浜から箱根へ、箱根から横浜へという旅行ルートをもっと気軽に利用できるようにすれば、神奈川県の中でもっと経済が回るようになると思いませんか? 政治家も行政マンも自分の地域のことは良くわかって、自分の地域だけで解決を図ろうと考えがちですが、これからは同じテーマを「広域」で共有し知恵を絞って解決を図るという図式を描く必要があると考えます。良く言うでしょう?「一人で悩まないで」って。みんなで考えていこうということです。 ともあれ、そんな堅い事言ってる「放●●学」みたいな放送にはせず、ざっくばらんに県議会議員のトークの妙をお届け出来ればと思っています。火山問題で揺れた箱根、また神奈川県の救済、横浜の動きなど様々な模様をお届けします。30分よろしく! 2月8日(月)18時よりユーチューブライブで生中継、LDPよこはま放送局HPトップページでもご覧いただけます。
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

1/26up 第6回LDPよこはま放送局について

毎月第一週月曜日18時よりユーチューブライブで生放送のLDPよこはま放送局ですが、2月放送の第6回は編成の都合上、本来の2月1日より2月8日月曜日18時からの生放送に変更させていただきます。 お詫び申し上げます。
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

12/25up LDPよこはま放送局 第5回 川口ひろ横浜市会議員 寄稿

「横浜市の都市農業における地産地消の推進等に関する条例から伺う都市農業の現状と未来」 2014年に横浜市では「都市農業における地産地消等の推進に関する条例」が施行されました。 これは、8本に渡る議員提案条例の内の1つで、前回のLDP横浜放送局で伏見議員がテーマに挙げておりました「がん撲滅対策推進条例」と並び、制定施行することが出来た条例です。 私の地元、瀬谷区は日本で一番大きな政令指定都市である横浜市にありながらも、緑が豊かな街として有名で、季節の移り変わりを目や耳や肌で感じる事が出来る地域です。空は広く、時間の流れもゆっくりで、畑を耕す農家の方の姿は街の風景にとても良く調和していると感じています。 特に2015年の6月に米国から返還された242haもの「上瀬谷通信基地跡地」には多くの農地が広がり、様々な規制の中でも色々な農作物が生産されております。 このように、日本の都市部においても、農業は街の一部として、その街の地域力の一役を担っています。 現在多くのメディアでも、農業の素晴らしさを伝える情報が流されております。農家の後継者不足が問題視される中、「農メン」や「農ガール」など、農業に関心を持つ若者も増えてきております。 そんな世の中の流れの中で、横浜市では2014年に「都市農業における地産地消等の推進に関する条例」を制定、施行しました。 今回はその「都市農業における地産地消等の推進に関する条例」を軸として、都市部における農業の現状と変化、そして未来を少しでも紐解いていけたらと考えております。 ゲストには、私の地元、瀬谷区で農家を営んでおります青木康浩さん、そして、瀬谷区選出の神奈川県議会議員の田村ゆうすけ議員をお招きして放映したいと思っております。 放送は2016年新春1月4日の18時からYou Tubeライブで生中継します! 下記URL、もしくはよこはま自民党TOPページよりぜひともご覧ください。よろしくお願いします! https://youtu.be/b5t7NSibvpU
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

11/30up LDPよこはま放送局 第4回 伏見ゆきえ横浜市会議員 寄稿

「がん検診受診率向上について」 横浜市では、がん検診率50%を目指していますが、 アメリカやヨーロッパと比べても、日本の検診率が低く、 どの様にしたら向上していくのか、決算特別委員会で質問にも立たせて頂きました。 男性に比べ女性は、職域でのがん検診の受診機会が少ない状況にあります。 女性特有のがん検診のうち、乳がん検診の実施方法についても厚生労働省で議論されていると新聞報道もありましたが、 医療技術は進歩しておりこれまでと同じ方法で検診を行うよりも、 新たな医療機器を活用した検診の実施についても検討が必要と考えます マンモグラフィは圧迫による痛みがありますが3Dマンモグラフィなど身体的に負担が少ない装置を活用した検診の実施、 また、市民全体の受診率が向上するためには、市が実施するがん検診だけでなく、職域を含めた全ての受診者ががんの重要性を理解し、 受診することのメリットを共有できる組織づくりも必要です。 横浜市で実施したがん検診の受診率は胃がん5.9%、肺がん6.3%、大腸がん15.2%、子宮がん27.0%、乳がん20.1%です。 これまでがん検診を一度も受診したことのない検診無関心層方、就労中の方や子育て中の方など、 様々な理由で受診できない状況があるため、受診に向けた環境の整備も検討が必要です。 がんから自分を守るために、自己検診グローブなどによる定期的な自己触診大切さを伝えるための啓発や、 簡易採血など、受診者の身体的負担が少ない検診方法など、 様々なところでコーディネートしている千葉様を迎えて、お話をしていただきます。 放送は12月7日18時からユーチューブライブで生中継。 下記URL、もしくはよこはま自民党TOPページよりぜひご覧ください。 https://youtu.be/b5t7NSibvpU
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

10/30up LDPよこはま放送局 第3回の放送はホテルの会場で生放送!

LDPよこはま放送局の第3回放送は自民党横浜市連のパーティ「感謝の集い」の会場から生中継でお送りします。 横浜市連パーティは横浜市連所属の国会・県会・市会議員が一堂に介し、ご支援を頂いている方々をお迎えして盛大に開催します。毎年1000人を超えるお客様をお迎えしております。 また、折角の機会なので、横浜自民党が国・県等と連携している事業も沢山あることも知っていただきたい。横浜市は環境未来都市の特区認定を取得し、次世代のエネルギー政策に積極的です。市連のマニュフェストでも水素自動車の導入2000台を掲げましたが、その政策を国でフォローして頂く国会議員も市内選出議員です。また、最近は少し風化したのでは?と言われる東日本大震災の被災者支援も毎年市連パーティで行っています。もちろん、復興担当相政務官も自民党市連の所属議員であり、市民レベルの支援と国の復興政策もリンクしております。 今回の市連パーティは来年の参議院議員選挙を見据えて、公認の候補者、公認候補を抱える団体関係者も沢山出席されることでしょう!出来れば、民間人の方々も出演をその場でお願いしてみます! もちろん今回も生放送なので、何が飛び出すかは乞うご期待!時間も少し前倒しして、17:30~お送りします!予定では、パーティの乾杯まで放送する予定ですが、自民党のパーティに参加したことのない方は、ネット放送でパーティの雰囲気をお楽しみください! それでは、11月2日17:30~youtube LiVEでお待ちしています! 文責:LDPよこはま放送局 放送局長 山下正人
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

10/1up LDPよこはま放送局第2回 山本たかし政務調査副会長 寄稿

10月5日(月)第二回目となるLDPよこはま放送局。「政治を身近に」を合言葉に取り組んできた4年間は、市民の皆様の協力をいただき、8つの条例をつくることができました。地域の絆を育む条例、災害時の自助共助推進条例、子どもを虐待から守る条例、ガン撲滅対策推進条例、都市農業における地産地消推進条例、財政責任条例、商店街活性化条例です。そしてこれからの4年間は市民の皆様とともに明日の横浜をつくるための政策立案をめざし地域のなかで汗を流してまいります。 今回のテーマは『よこはま自民党のマニュフェストって何?』ですが、二元代表制の一翼を担う議会が市民の意見を政策にまとめ事業化する、そのことを通して市民が政治への参加意識を高める効果を期待しています。よこはま自民党はこれまでの4年間が条例化を目的としていたのに対し、これからの4年間は34の政策の推進を目的とします。 横浜も他の自治体同様、少子高齢化、人口減少時代にあって都市の活力再生が失われつつあると思います。現実を直視し、課題を予見し将来の横浜の安全、安心、活力ある都市を創造し続けるためにも、よこはま自民党は、横浜のまちづくりに挑戦していきます。10月5日のLDPよこはま放送局で横浜の夢を共有してまいりましょう。 よこはま自民党 政務調査会副会長     横浜市会議員 山本たかし
カテゴリー: 広報委員会 | コメントは受け付けていません。

9/10up よこはま自民党ツイッターアカウント!!

LDPよこはま放送局の開局に伴い、広く市民の皆様の意見をいただくために、 「よこはま自民党」ツイッターアカウントを作成いたしました。 @LDPyokohama #横浜自民党 こちらよりどんどんご意見をお寄せください! またフォローしていただけると幸いです♪
カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。