12/2up LDPよこはま放送局 第15回 山下正人LDP放送局長 寄稿

<ベトナム視察報告> 人口9000万人強、平均年齢28歳、日本の高度経済成長期を彷彿させる活気がベトナムにはあります。日系企業の進出も増えているベトナムの視察を計画したのは、今後、成長が期待されるインフラ投資の現状を調査する為です。 政府の成長戦略に日本のインフラ技術の輸出は大きな成長が期待されています。 そして、横浜市はベトナム中部の古都フエ市において、JICAと共同でフエ市水道公社に技術協力を行い、上水道施設の運営を軌道に乗せたという実績があります。今後、上下水道・ゴミ処理等々の自治体が持つノウハウが途上国の生活環境の改善に寄与できると考えています。 今回はダナン市の訪問が中心でした。ダナン市と横浜市は「都市づくりに関する技術協力についての覚書」を交わし、民間企業の投資を含めダナン市との関係強化が進んでいます。 ダナン市は来年度APEC開催のホストシティとして準備が進んでいます。また、海岸沿いのリゾート開発には海外資本の進出が目覚ましく、日本人なども人気のリゾートスポットとして整備されています。 イメージが良いベトナムの都市ではありますが、市民の生活格差はまだまだ大きく、都市の課題であるゴミの処理などは遅れをとった現状は、今回の視察でも我々の目に大きな課題として映りました。 ODA開発にも課題はあります。過去には、施設は作ったが運営するノウハウがないので、立派な施設も野ざらしになっていると問題になりました。また昨今では、ひも付きの開発は好ましくないとの風潮から、基盤整備を日本のODAで行い、その後の開発の果樹は韓国企業等の他国が持っていくなどの課題も出ています。 今後ベトナムとのWin-Winの関係を築く為には最初が肝心です。官民All Japanで進める為には我々が調査した事を今回の“ LDPよこはま放送局”で報告をさせていただきます。 放送は、12月5日(月)18:00〜18:30。 Youtube Liveで生放送します。担当は黒川勝議員と山下でお送りします。ぜひご覧下さい!
カテゴリー: 広報委員会   パーマリンク