6/6up 6月4日自民党横浜市連大会ご報告

6月4日18:00より関内ホールにて平成24年度自民党横浜市連大会が開催されました。 鈴木太郎大会運営委員長の資格審査報告の後、国歌及び自民党党歌われら 斉唱、そして松本純横浜市連会長より挨拶を致しました。 続いて特別来賓として自民党組織運動本部長及び神奈川県連会長である菅義偉衆議院議員よりご祝辞を賜り、続いて持田文男川崎市連会長、上田勇公明党神奈川県本部代表、林文子横浜市長とご祝辞を賜りました。 続いて梶村充幹事長より党情報告の後、長年に渡り横浜市連をお支えいただいている優秀党員、及び永年継続党員の皆様への表彰が執り行われました。 さらに議長団選出の後、執行部案件として、決算報告、運動方針、規約改正、大会宣言の4件が議事にかけられ、特に大会宣言(案)においては「(前略)我々自民党横浜市連では、現在そして未来にわたり、安心して暮らせる日本、そして日本経済を牽引する横浜を創るため、来る総選挙に向け党員・党友一丸となって取り組み、市内選挙区で圧倒的勝利を収め、必ずや政権奪還を果たすことをここに誓う。」と関勝則女性局長より力強く宣言され全会一致で可決をされました。 最後にわが党最年少横浜市会議員、草間剛議員により日本の復興とよこはま自民党の発展を祈念して万歳三唱にて大会を締めくくりました。 平成24年度も自民党横浜市連は真の責任政党として日本そして横浜の再生のために取り組んでまいります。  
カテゴリー: 広報委員会   パーマリンク